« 日光ビール、三種 | トップページ | さくらの山公園 »

2008年9月17日 (水)

房総のむら

先週の土曜日、前々から一度行こうと約束していた「房総のむら」に行ってきました。

Cimg1763 江戸時代後期から明治初期の商家、武家屋敷、農家などの再現がしてあり 見るだけでなく実際に触ったり体験したりできるところ・・・です。

なるほど、門を入ると商家の町並みが・・・
菓子の店、紙の店、薬の店・・・etc、
実際にお菓子やお蕎麦を売ってるお店もあります。

                                     

Cimg1760 ここの中のお蕎麦がおいしいと聞いていたんで食べてきました。こしがあって結構おいしかったです。

                                 

 

                                 

Cimg1771 商家の町並みの中では、その日によって違うようですが、特に女の子が喜ぶような体験教室がいくつか開催されてました。

早速、「千代紙ろうそくつくり」、「畳のコースターつくり」、「組みひもペンダントつくり」に挑戦してました。やっぱり物珍しいのか・・・一生懸命先生の話をきいて作っていましたね。

   

                              
Cimg1781 Cimg1785 Cimg1786

中でも「かるめ焼」を作る体験教室は楽しかったようです。これは傍で見ている大人の方も夢中になってしまう・・・そんな感じでした。

これはまあ、膨らんだんで、成功だそうです。

材料:   ① 白砂糖(大さじ2杯)   ② 黒砂糖(少々) 
       ③ 水(大スプーン8分目) ④ メレンゲ(スプーン1杯)


①~③をお玉のようなものに入れ、火にかけ、泡が出てどろどろするぐらいまで煮詰め、丁度良いタイミングを見計らって火から下ろし、後はメレンゲを入れてよく混ぜる・・・工程は簡単なんですけど・・・その混ぜ具合で、膨れ上がって固まるお菓子なんですけど・・・失敗すると膨れ上がらないんですよね。
子供も大人も大きな声出して、楽しんできました(^^)できたお菓子は、うん、もちろんあま~い砂糖菓子、口に入れると解けてしまう・・・というか砂糖に戻ってしまうような味でした・・・(笑)ちょっと懐かしい味!!??

Cimg1798 Cimg1795 Cimg1797_3

そのほかにも武家屋敷や農家など物珍しいものを見て、触ってなかなか良かったです。大きなかまどに、火が入っていてお湯が沸いていたり、竹馬やお手玉とか昔の遊びも体験したりで、随分はしゃいでいました・・・楽しそうで良かった!!

« 日光ビール、三種 | トップページ | さくらの山公園 »

コメント

Kenさん、こんばんは。
肩の痛み軽いみたいで、良かったですね。
あまり無理せず気長に直してくださいね。
機織に身長制限ですか・・・。ウチも今年3年生だし大きいほうだから・・・きっと大丈夫ですね!!

機織ですが、身長制限あるみたいですよ、でも下の子が三年生のときはなんとかやらせてもらいました。
今は肩から上腕のほうがいたくなってきてます、ひょっとして頚椎ヘルニアの可能性があります。

KENさん
こんばんは。ここって随分広いんですね!
商家の町並みで遊びすぎて上総の農家の方までは行けませんでした。今度は是非、機織の体験も含めて、ぐるっと回ってきたいと思います。
肩の調子はいかがですか?
お大事にしてくださいね。

いかれましたか、自分のところからは車で30分ほどなので
娘が房総のむらファンなので年に5回はいきます。
千代紙ローソクも5本もあります、今度行かれたら下総のむらで機織のコースター作りがいいですよ、うちの娘も楽しんでます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504221/23734698

この記事へのトラックバック一覧です: 房総のむら:

« 日光ビール、三種 | トップページ | さくらの山公園 »

あるばむ

無料ブログはココログ

sora

  • Cimg4229
    大好きな sora  を集めてみました。

最近のトラックバック

book mark