« 三鷹の森 ジブリ美術館 | トップページ | 関東地方は快晴だったのに・・・ »

2009年7月26日 (日)

ちひろ美術館 ・ 東京

三鷹といえば・・・・もうひとつ行きたい所がありました。

『ちひろ美術館』

ちひろの絵は誰もが見たことのある絵だと思います。一度原画をゆっくり眺めたい・・・そんな思いがずっとありました。
Cimg3481

Cimg3483

ここは、ちひろの最後の22年間を過し、数々の作品を生み出した自宅の跡地にあります。
JR荻窪駅からバスで石神井までバスで10分。静かな住宅街の中にありました。
中に入ると、受付のすぐ横がカフェになっていまして、珈琲のいい香りが館内に漂っていました。ホッと落着ける静かな空間が広がってました。
Cimg3479
いいですよね、こういうところ・・・
あまり大きな建物ではないけれど、ゆったりとしたスペースの展示室や忠実に再現されたアトリエや大好きな草花を育てていた「ちひろの庭」等々興味深いスペースがいっぱいでした。
Cimg3474
Cimg3475
もちろん、ちひろが描いた原画も魅力的でした。
絵から、子供たちを通してやさしさが伝わってきます。あの独特な墨絵のようなタッチの水彩画の風合いと色とがなんともいい感じです。 
      Cimg3476_2
戦争を体験してるちひろにとって、ちいさな命の輝きを書くことで平和の大切さを語り続けてる・・・と言われています。だから子供たちの表情が豊かなんでしょうかね~
ジブリの後だったんで、5時閉館まであまり時間がなくて思いっきりゆっくりは出来なかったけど来てよかったと思いました。
他にも何人かいましたけど、ゆっくりソファに腰掛けて観ている方、年配のご夫婦で鑑賞されてる方、本当に「ちひろの絵が好き・・・」という方が・・・散歩の帰りに寄られたような方・・・皆さんじっくり観てました。
Cimg3473

夕方のせいもあったのか・・・静かなホッとできる空間でした。

長野の安曇野にもあるそうですが、そちらはかなり広く作られているようです。長野はちひろの両親の出身地、子供の頃から慣れ親しんだ土地だそうです。

一度行ってみたいなぁ・・・

« 三鷹の森 ジブリ美術館 | トップページ | 関東地方は快晴だったのに・・・ »

コメント

石神井まで行かれたんだ。ちひろ美術館っていつごろできたんだっけな。石神井、高校が都立石神井高校だったので懐かしい地名です。「しゃくじい」とはなかなか読めないようですが。いい雰囲気の場所のようですね。
安曇野にもあるんだ。安曇野もいいところ、とにかく水が本当に綺麗。きっと山で濾過された水が湧き出ている場所がたくさんあるんだろう。
ちひろさんも安曇野で暮らしたことがあるのかな?
感性が養われたかもしれませんね。

Kenさん

こんばんは(^^)
ここの美術館は、もうすぐ隣が普通のお宅って感じで住宅街の中にありました。住宅地のかなに溶け込んでしまってるようでした。
ちひろの子供の絵はもちろん魅力的でした・・・shine
忠実に再現されたアトリエに・・・ちょっと前までそこで左手でサッサッ絵を描いていたような感じがしました。
きっと、飾られてる生前の様子の写真をみていたからだと思いますが・・・そこにまだちひろの気配があるような感じがしました。
安曇野の美術館にも機会があれば行きたいと思ってます。
たまには、静かに美術館もいいもんですね~

5月に安曇野のちひろ美術館にいってきましたが、広くていいところです、空気のおいしい美術館といわれてるところです。
ちひろの絵は自分も学生の時から好きでした、戦争をテーマにした絵にはいろいろと考えさせられます。
こどもと戦争・・・これほどの平和へのテーマはないかと思います、ちひろが描くこどもの笑顔をなくさないようにしなければなりませんね、大人の責任ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504221/30658500

この記事へのトラックバック一覧です: ちひろ美術館 ・ 東京:

« 三鷹の森 ジブリ美術館 | トップページ | 関東地方は快晴だったのに・・・ »

あるばむ

無料ブログはココログ

sora

  • Cimg4229
    大好きな sora  を集めてみました。

最近のトラックバック

book mark