« びゅ~~~んと箱根へ | トップページ | 今日のおやつ »

2009年8月30日 (日)

箱根関所・箱根関所資料館

箱根を抜けるには、関所をとおって・・・
発掘調査の後復元されて19年春に公開されたばかりで、少々新らしく綺麗で、昔の感じがしないので・・・えっ!?って感じですが・・・
ここは当時の資料が残っており、石垣も建物も当時の技術を細かく復元されてるそうです。

Cimg3678

Cimg3660

Cimg3661

Cimg3662

 続く・・・

                                

関所の役割はというと・・・『入り鉄砲に出女』を取り締まる所ですが、ここ箱根は「出女」に厳しい関所だったそうです。

大番所や足軽番所、矢場・・・等が復元されていて当時の関所の様子がわかるようになっていました。

Cimg3669

興味深っかったのは、資料館。(ここは撮影厳禁)
関所に関する資料や当時の生活に使われたもの等が展示されています。
関所の役割や、役人の仕事、関所を通るにあたって起きた出来事などなど・・・実際の手形、通行書、台帳も興味深い・・・大名行列の様子もお人形で展示されていて面白かった

江戸口御門から関所に入って、すぐ右手に「御制札場」という小さな屋根のついた掲示板のような施設があります。ここに掲げられた札には、正徳元年(1711)に幕府道中奉行が箱根関所に出した、五項目の取り調べ内容が記載されています。

一、関所を通る旅人は、笠・頭巾を取り、顔かたちを確認する。
ニ、乗物に乗った旅人は、乗物の扉を開き、中を確認する。
三、関より外へ出る女(江戸方面から関西方面へ向かう女性:出女)は詳細に証文と照合する検査を行う。
四、傷ついた人、死人、不審者は、証文を持っていなければ通さない。
五、公家の通行や、大名行列に際しては、事前に関所に通達があった場合は、通関の検査は行わない。ただし、一行の中に不審な者がまぎれていた場合は、検査を行う。

 以上が箱根関所の主な役割でした。

« びゅ~~~んと箱根へ | トップページ | 今日のおやつ »

コメント

qbouさま

箱根いいですね。今度は海賊船とロープウェイ乗り放題って言うのもいいかな・・・。

箱根の関所、なんか懐かしいな。出身地の中野区の保養施設が箱根千石原に、会社の保養所が強羅にあるもんで、小さい頃から箱根はしょっちゅう行ってました。小学校・中学校の林間学校でも箱根使ってたし。じっくり旅すれば、観光スポットだけでなくても、雰囲気の良いスペースがまだまだあるんだろうな。お天気にも恵まれて、良かったね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/504221/31159525

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根関所・箱根関所資料館:

« びゅ~~~んと箱根へ | トップページ | 今日のおやつ »

あるばむ

無料ブログはココログ

sora

  • Cimg4229
    大好きな sora  を集めてみました。

最近のトラックバック

book mark