2013年5月 6日 (月)

4月・・・京都の続き

京都の路線バスってよくわかれば、凄く便利な感じはするのですが・・・・
初めて乗るには、行き先、降りるバス停がよくわからない。59番だの107番だの・・・・この番号がどういう経路なのかが解れば、割と使いやすいのでしょうけど・・・・
恐る恐る乗って・・・祇園界隈まで行く事にしました。京都の市バスは、一乗り220円。一日券なら500円。3回以上乗るのならお得よって感じです。

四条河原町までバスで移動して、そこでおうどんで昼食。いやぁ~凄い人です。さっきまでの壬生寺界隈とはまるで違います。これぞ、観光地!!って感じです。

Nec_2218

少し散策して伏見稲荷に行く事にしました。
あのテレビによくでてくる、千本稲荷を観に行ってきました。

Nec_2237

鳥居のトンネル・・・・何処までも続く・・・・

Nec_2229

Nec_2230

外側から見るとこんな感じ^^;

Nec_2228

片平なぎさが・・・山越英一郎が・・・殺人事件を追って現れそう(笑)

ぼっ~としてる間の事 4月の事 京都へ Ⅰ

またまた行ってしまいました。

会社が契約してる旅館がとれたので、子供達と京都へ行ってきました。
今年は桜が早かったので流石にもうすっかり新緑の京都でした。

Nec_2191

びゅ~ンと新幹線に乗って・・・・
まずは西本願寺  大銀杏も新芽の緑がとっても綺麗でした。

Nec_2198

何でもチビが新撰組のゆかりの地を廻りたいとかと・・・・

Nec_2195

Nec_2201

新撰組の隊士が一時期ここで暮らしていた事もある太鼓楼

Nec_2206

チビのカメラにはどう収まってるのか・・・

途中、新撰組の小物を売ってるお店に寄って写真を撮ったり小物を買ったり・・・・
その後は、壬生寺へ
お寺自体はさほど大きくなかったけど、ここの境内で新撰組の武芸の稽古をしていたとか。境内の一部には、近藤勇の像や芹沢鴨をはじめとするお墓がありました。

Nec_2212

壬生寺にお参りをしてそれから八木邸へ
Nec_2211

中で、新撰組と八木邸の由来のお話をを聞いてその当時のままの家の中を見せていただきました。
奥の部屋の鴨居には刀で削られた傷が残っていました。芹沢暗殺の祭に戦った跡がそのまま残っているそうです。と言う事は、この柱にはそのときの血しぶきが・・・・・sweat02
ここの入館料は一人1,000円でした。15分ぐらいの話と当時のままの家の入場料なのでしょうが・・・ちょっと高い^^;四人で聞いて4,000円はいたーい(笑)
ここをでると、横の甘味処にみんな入れられるのですが・・・・おみやげやさんにはいらんといけない???と思っていたら・・・・

Nec_2213_2

座ってくださーい!!と。暫くして抹茶とお菓子が・・・・
ここまでが、見学コース 1,000円なんだそうです。好き嫌いはあるだろうけど、仕方ないのかな!?

つづく

2013年2月20日 (水)

阪急電車って綺麗

1月に京都に行ったとき阪急電車に乗って・・・・わお!!

綺麗な上品な電車でした。私の中で電車生活は殆どないのでこんな綺麗な電車に乗るとちょっとテンションあがっちゃいますよね(笑)

駅のホームの横に車両を丸ごと洗う洗車機?があって、そこを通ると電車が綺麗になってくるのです。

Dsc02920

こんな感じ。阪急電車は、こげ茶色の上品な色の電車でした。内部も(写真はありません^^;)モスグリーン系のオシャレな感じです。座席の配置もちょっと違う・・・(基本JRぐらいしか乗ったことないんで比べられないのですが・・・・笑)
なんだか、いいです^^

Dsc02921

嵐山の駅にも趣が・・・駅の明かりがぼんぼりで・・・いい感じ!!

Nec_1976_2

2013年2月 3日 (日)

冬の京都・・・善峯寺

JRのCMでも何度か使われたサクラ・カエデの名所「善峯寺」

一月中旬の日だったのでそれほど人もなくゆっくり見られました。

ここは山全体がお寺と思えるほど広く、何しろ坂、坂、坂・・・・山門まで歩いていくのに相当の急な坂、心臓が止まるかと思うくらい。あっ~苦しい。いろは坂みたいにくねくね曲がってやっと東門にたどりきました。

Nec_1985
                 ねっ!!凄い坂でしょ。

Nec_1990 Nec_1997

Nec_1998

とにかく中は広いです。今はこんなふうに枝ばかりのサクラやカエデですが、春にはサクラさつきで山全体、お寺全体がピンク色に、秋には真っ赤に染まるそうです。見事なんでしょうね~。そういう時期には観光バスが連なりこの広い境内も混雑するそうですよ!
山全体がお寺といってもいいようなここからのながめは・・・この日はガスがかかっていたけど、京都の町全体が見渡せるほどのいい眺めだそうです。

Nec_1994_2

ここの見所のひとつ、『遊龍の松』天然記念物です。樹齢600年ほど、枝が50メートル以上横に伸びています。よく手入れされてますね~。凄いです。

江戸時代、5代将軍、綱吉のお母様、桂昌院様によって整備された物が多く、またお手植えされたという垂れサクラもありゆかりのものが数多くまつられているようです。

Dsc02967_3
山の中腹の幸福地蔵様

『自分以外の幸せを祈りましょう』となっています・・・・

子供たちの幸せをおいのりしてきました。

とにかく広い!!で、坂・坂・坂・・・・・

ここだけで15000歩ぐらいは歩いたんじゃないでしょうか・・・・・foot

Nec_2003

Nec_2004_2

        

2013年1月19日 (土)

そうだ!京都に行こう!・・・Ⅰ

と言う事で、冬の京都へ行ってきました。

京都といえば、金閣寺に清水寺、有名どころはたくさんなありますが、今回はこんな所を静かに散策してまいりました。

Dsc02939嵯峨野~嵐山散策

ここ、京都撮影のドラマとかでよく見る竹のトンネルですよね。何処なんだろうなんて観てたテレビの中の世界が目の前に現れました^^

阪急嵐山駅から渡月橋を渡り天龍寺を拝観してトロッコの嵐山駅に向かう途中の道。

綺麗に手入れされている竹林。

なんだかこの光景にワクワクしちゃいました(笑)

片平なぎさが、渡瀬恒彦が、高橋秀樹が・・・(笑)

しかし、最近携帯のカメラがおかしい。はっきりくっきり撮れない。そろそろ替え時なのかな・・・・

そしたらやっぱりスマホ???

使いこなせなそう^^;

Nec_1954


Nec_1964

Nec_1965

愛宕街道

日本風景街道に選定された街道だそうです。化野念仏寺から愛宕神社の一の鳥居前位前までの街道。
萱吹きの民家が並び石畳を歩いていきます。石畳もいいし、家の前を流れる水の音、建物の風情、格子造りと真っ白な漆喰の壁・・・・いいですね~。
Nec_1966

街道沿いのおみやげやさん。まゆのむら。

まゆから今年の干支、幸せを呼ぶ小物が並んでいました。お店の中で、抹茶をご馳走になって今年の干支、蛇ちゃん、金運の置物を買ってきました。


Nec_1967
ベストシーズンならたくさんの観光客の方がいらっしゃるんでしょうけど、まっ時期はずれの今は静かな街道歩きになりました。犬の散歩をしてる方、ウォーキングをされてるご夫婦、そこで生活されてる方にしか会いませんでした^^;

Dsc02949

鮎料理のつたやさんと平野屋さん

Nec_1971_2

ここは、最近はテレビCMで話題の所、ホンダ フリードの撮影現場です。この前にフリードが・・・

続く・・・・はず^^;

2011年7月 5日 (火)

ウエンツも来たお店で、おうどん。

この日の京都は、とても暑かった・・・

暑い日には、熱いものを(笑)

Cimg8528

ここのお店の前にテレビで紹介された、ウエンツが来たお店!!なんてあったから・・・

Cimg8527

入ってみました。

通天橋にちなんで・・・『通天もみじうどん』

  Cimg8531_2 

綺麗ですね~。京湯葉と揚げ麩ともみじ麩。揚げ麩なんて、もしかしたら初めて食べたかも知れない。おいしかった。この日、本当暑かったんですbearingなのに熱いおうどん(笑)大汗かきながらいただきました。

京都のおうどんは、栃木生まれの私にとっては、とっても上品に感じられます。なんといってもおだしのきいたスープ。栃木のうどんは(おうどんなんていえません)・・・、うどんのスープは、おいしいのですが、色が濃いです。へたしたら、うどんがよく見えないくらい・・・(言い過ぎかも^^;)

ここのおうどん、でもほんと、おいしかったですよ!東福寺の駅の傍でした。

2011年7月 3日 (日)

東福寺、霊雲院

静かに京都の庭を鑑賞するなら・・・と薦められた東福寺の霊雲院へ

静かです。

Cimg5706

臥雲の庭

雲の美しさと水の美しさを表しているそうです。

Cimg5705

Cimg5711

九山八海の庭

遺愛石のある珍しい庭・・・

Cimg5710

緑が綺麗です。とっても静かです。しばし・・・この空間の一部になった感じでした。

たまにはいいですね~、世間の雑踏から離れて・・・ここにいる自分だけの世界。

時が静かに流れていきます・・・

Cimg5717

お勧めのスポットです。
写真の方は・・誰でしょう。ごめんなさい、写っちゃいました。

Cimg5714 Cimg5715

Cimg5712

苔も、もこもこ・・・綺麗です。

2011年7月 2日 (土)

東福寺

Cimg5733

東福寺 三門(国宝) 現存最古で最大だそうです。

大きいです。一本の柱がどのくらいあるんだろう・・・

Cimg5740

凄いな・・・

Cimg5741

本堂

こちらの天井にも蒼龍図・・・

Cimg5735

Cimg5736

東福寺の境内は、広いです。

Cimg5746 

ここには、回りに25の塔頭があるそうです。それぞれの寺院にある庭園をゆっくり廻ってみたいなぁ・・・・そんな感じのお寺です。今回は、あの紅葉の名所、通天橋からの新緑の景色、とっても綺麗でした。秋になったら、紅葉した景色も見て見たい!!って強く思いました。

2011年6月27日 (月)

東福寺の橋

広~いお寺です。重要文化財もたくさんあります。

詳しいことはわからないけど、ここは毎年秋になると真っ赤に染まったもみじの紅葉で、大変混んでるところですよね。と、言う事は、今はもみじの緑の綺麗な所ですよね。

Cimg5764

ここには、屋根付の橋がかかっていて、そこから見る新緑は・・・こころ休まる風景でした。

Cimg8526

これは通天橋。渓谷にかかった回廊でここから見る紅葉は、すばらしいものらしいですが・・・一度見て見たいものです。でも秋は、相当混むのでしょうねぇ~

Cimg5728

で、こちらは、その外側の臥雲橋。こちらはこの辺りの生活道路になっています。木造の橋で・・・したには川が流れています。橋げたのほうをよく見ると・・・柱の周りにまた補強用の柱が・・・そうですよね。崩れたら大変ですもんね。この姿を、維持するのは、確かにメンテナンスも大変ですね。

Cimg5727

橋の下には、川が流れています。蒸し暑い日でしたが、川からの風が冷ややかで気持ちがよかったですよ。

Cimg8522

いいですね~こういうところ・・・

綺麗な緑を見て・・・少し視力がよくなったような・・(笑)

2011年6月24日 (金)

コーヒーが飲みたくて・・・「紅ゆき」さん

この当たりは、お寺も多いけど・・・本当に京都の古い住宅街でした。

路地を歩けば、八百屋さんも、魚さんも日常の生活のお店があるし、観光本で紹介している京都とは違った感じで、本当に古くからある生活観のある街でした。

1本、通りをでれば、他県から観光に見えた方が、ぞろぞろ歩いているのですが・・・ここは静かな街です。

少々歩きつかれて・・・コーヒーを。確かこの辺りに・・・

          お勧めされたコーヒーショップが・・・

             そうそう『紅ゆき』さん

         Cimg5672_2 

いい感じでしょう。ここは元々旅館だったみたいです。中に入ると玄関にスリッパが並べられてて・・・で中に。

       Cimg5673  

カウンター席が掘りごたつ式になってるんです。マスターが豆からコーヒーを入れてくれます。いい香りと、静かな時間と、いい眺め・・・窓から中庭の緑が・・・とてもいい感じです。

       Cimg5674

       Cimg5676

       ちょっとボケちゃいました。器も素敵でしょ!!

       ここのお店、いいですよ!落ち着きます・・・^^

 

より以前の記事一覧

あるばむ

無料ブログはココログ

sora

  • Cimg4229
    大好きな sora  を集めてみました。

最近のトラックバック

book mark